雛の話 

 雛まつりの由来
上巳の節句・桃の節句

3月3日は、五節句の二番目「上巳(じょうし)の節句」と言い、上巳とは陰暦の3月最初の巳の日の事を指します。
中国ではこの日、災難や厄を祓うという習わしがあったそうです。
平安時代の日本でも3月最初の巳(み)の日には、紙・草・ワラ等で人形(ひとがた)を作り
自分の身に降り懸かる災難や病の身代わりになってもらう風習がありました。
この日、酒やご馳走で宴を催し、人形(ひとがた)には供物を上げて、海や川に流しました。
これらの風習が一緒になって、上巳(じょうみ)つまり3月3日に人形(ひとがた)祝う祭りとなったのが、
今に伝わる雛祭りの始まりではないかと考えられているようです。
桃の花が咲く頃の節句の祝いでもある事から、桃の節句とも言われています。
室町時代以降は女の子を祝う祭りとして盛んになり、
平安時代の宮中の雅で華やかな模様を表現した雛人形が飾られるようになりました。
その後、嫁ぐ女性の嫁入り道具となり、女の赤ちゃんが誕生すると、健やかに優しい女性に育つようにとの
願いを込めて飾られるようになりました。
雛あそび、ひいな祭り等とも言われています

 Topへ